セリーグは巨人、パリーグは個人という今のプロ野球

最近のプロ野球はテレビ中継が減ったことからか、
知らない選手が多くなりました。相変わらず有能な
選手のメジャーリーグへの移籍が活発で
長年観てきている自分にとって面白みに欠けます。

 プロ野球全体の傾向として、
セリーグは巨人が目標になっていて、
パリーグは選手個人が軸になっているように見えます。

 セリーグについては、年俸の問題や
憧れから巨人に選手が集まり続けています。
数人の生え抜きとメジャーリーグには行けなくとも
名選手であることは事実である選手が
FA移籍してくるのでやはり
強いチームになります。

その他のセリーグの球団は
このようになっていないので巨人を目標として
戦う構造が出来あがってしまっていると思います。

しかし、その巨人も主力選手が高齢化し、
年俸に見合う活躍ができなくなってきたのが
2014年だったと思います。クライマックスシリーズで
阪神に敗れたことがその証明ではないでしょうか。

巨人の戦力は低下傾向にありますが、
阪神、広島も頑張ってはいるもののまだまだでしょう。

中日、横浜、ヤクルトといったセリーグの
下位球団は大きなテコ入れの必要があると思います。

 パリーグについては、各球団の戦力に大きな差がないと思います。
このことは昨年優勝した楽天が今年最下位に転じることで説明がつくでしょう。
パリーグは選手個人が注目されがちです。

有能な選手はチームで絶対的な存在だからです。

そうした選手がメジャーリーグに移籍し、
チームから抜けると一気に勝てなくなります。

しかし、パリーグは各球団若手の台頭が機能しているので、
若手の育成力がポイントになると思います。

今年はソフトバンクとオリックスの意外な優勝争いがありました。
日本ハムも球界を代表するであろう選手が投打にいます。

西武、ロッテは依然と比べて低迷気味に見えます。
楽天は来年の戦い如何で数年間の順位が決まりそうな感じです。
 来年は監督の世代交代の年です。魅せるプロ野球を期待します。

コメントは受け付けていません。

Filed under 野球

Comments are closed.