抑え投手のMVP

メジャーリーグでは今シーズンから
抑え投手のためのタイトルができました。

アメリカンリーグの投手にはマリアノリベラ賞、
ナショナルリーグの投手にはトレバーホフマン賞というものです。

リベラ、ホフマンとセーブ数歴代1位2位の名前が
ついて抑え投手の賞にぴったりの名前だと思いました。

今まではクローザーのタイトルは
セーブ数しかなかったのでとてもいいことだと思います。

防御率やWHIPが良くてもチームが強くなくて
セーブ機会に登板できないこともあるので
セーブ数だけしか個人タイトルを取ることができないのは
かわいそうだと思っていました。

そしてこのタイトルの最初の受賞者は
マリアノリベラ賞がロイヤルズのホランド、
トレバーホフマン賞はブレーブスのキンブレルが受賞しました。

2人ともメジャーを代表するクローザーで
今年の成績も素晴らしいですし、文句なしの受賞だと思いました。

ロイヤルズのホランドはプレーオフでも
シーズン同様活躍を続けてチームの快進撃に貢献し続けています。
ヘレーラ、デービスと三本柱として活躍していて全員素晴らしいですが、
やはり最後を締めくくるプレッシャーは相当あると思います。

そしてキンブレルはまだ26歳ですが、
すでにナリーグのクローザーといえばこの人という感じになっています。
4年連続で最多セーブを獲得して、防御率、WHIPもものすごく安定しています。

ケガさえしなければ歴代1位のリベラの記録も
超えていくレベルでセーブを重ねているので
このまま壊れずに投げ続けて欲しいです。

2人とも素晴らしい投手なのですが、
私が期待していたのはレッドソックスの
上原投手に受賞して欲しかったということです。

シーズンの前半は昨年に引き続き好調で
防御率も0点台から1点台を残していたので
このまま行けばと思いましたが、
後半はスプリットが落ちなくなって不調になり成績を落としてしまいました。
チーム状態が悪かったこともあるので、来年はどこのチームになるかはわかりませんが、
復調して是非マリアノリベラ賞もしくはトレバーホフマン賞受賞を期待したいです。

コメントは受け付けていません。

Filed under 野球

Comments are closed.